研究業績(2016年度〜)

[Google Scholar]

書籍

  • Y. Susuki and I. Mezic, Koopman operator techniques in power system dynamics and stability: A data-centric approach (執筆中).
  • A. Mauroy, I. Mezic, and, Y. Susuki (準備中).
  • T. Suzuki, S. Inagaki, and Y. Susuki (準備中).

書籍(分担)

  • A. Mauroy, Y. Susuki, and I. Mezic (準備中).
  • Y. Susuki, K. Sako, F. Raak, and T. Hikihara (準備中).
  • Y. Kono, Y. Susuki, and T. Hikihara (準備中).
  • Y. Susuki, N. Mizuta, A. Kawashima, Y. Ota, A. Ishigame, S. Inagaki, and T. Suzuki (準備中).

和文学術誌

  1. 星野 光, 薄 良彦, T.J. Koo, 引原 隆士, 2サイト地域エネルギーシステムにおけるコージェネレーションユニットの非線形制御—電気およびガスフローの同時調整, システム制御情報学会論文誌 , vol.30, no.5, pp.157-166, May 2017. [J-STAGE][OPERA]
  2. 齋藤 司, 薄 良彦, 引原 隆士, 家庭内電力システムの出力平準化のためのモードスイッチング制御: 実機検証と性能評価, 電子情報通信学会論文誌, vol.J100-A, no.5, pp.183-194, May 2017. [IEICE][OPERA]
  3. 河野 洋平, 薄 良彦, 引原 隆士, ビル内アトリウムの熱移動モデリングへのクープマンモード分解の適用-II: 大スケール流速場による移流, 計測自動制御学会論文誌, vol.53, no.2, pp.188-197, February 2017. [J-STAGE][KURENAI]
  4. 河野 洋平, 薄 良彦, 林田 光紀, 引原 隆士, ビル内アトリウムの熱移動モデリングへのクープマンモード分解の適用-I: 小スケール流速場による有効熱拡散, 計測自動制御学会論文誌, vol.53, no.2, pp.123-133, February 2017. [J-STAGE][KURENAI]

英文学術誌

  1. H. Hoshino, Y. Susuki. T.J. Koo, and T. Hikihara, A nonlinear controller for regulation of energy flows in two-site electricity and heat supply (査読中).
  2. F. Raak, Y. Susuki, K. Tsuboki, M. Kato, S. Eguchi, and T. Hikihara, Assessment of offshore wind farm characteristics with the cloud resolving storm simulator:  A case study in Japan (査読中).
  3. Q. Wu, T.J. Koo, and Y. Susuki, Dynamic security analysis of power systems by a sampling-based algorithm (査読中).
  4. F. Raak, Y. Susuki, K. Tsuboki, M. Kato, and T. Hikihara, Quantifying smoothing effects of wind power via Koopman mode decomposition: A numerical test with wind speed predictions in Japan, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, vol.8, no.4, pp.342-357 October 2017. [J-STAGE]
  5. Y. Kono, Y. Susuki, M. Hayashida, I. Mezic, and T. Hikihara, Multiscale modeling of in-room temperature distribution with human occupancy data: A practical case study, Journal of Building Performance Simulation, April 2017 (published online). [Taylor-Francis][KURENAI]
  6. C. Kojima, Y. Susuki, K. Tsumura, and S. Hara, Decomposition of energy function and hierarchical diagnosis of power grid swing instabilities, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, vol.7, no.4, pp.523-547, October 2016. [J-STAGE]
  7. Y. Susuki, I. Mezic, F. Raak, and T. Hikihara, Applied Koopman operator theory for power systems technology, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, vol.7, no.4, pp.430-459, October 2016. [J-STAGE][arXiv:1706.00159]
  8. H. Hoshino, Y. Susuki, and T. Hikihara, A lumped-parameter model of multiscale dynamics in steam supply systems, ASME Journal of Computational and Nonlinear Dynamics, vol.11, no.6, 061018, September 2016. [ASME][KURENAI]
  9. F. Raak, Y. Susuki, and T. Hikihara, Data-driven partitioning of power networks via Koopman mode analysis, IEEE Transactions on Power Systems, vol.31, no.4, pp.2799-2808, July 2016. [IEEE][KURENAI]

学術誌(準備中)

  • S. Kimura, Y. Susuki, and A. Ishigame, A reactive management system for reliable electricity supply in a building microgrid with vehicle-to-grid interaction
  • C. Kojima, Y. Susuki, and S. Hara, Dissipativity-based stability analysis of networked nonlinear descriptor systems and its application to power grids
  • Y. Ota, Y. Susuki et al. (in preparation)
  • F. Raak, Y. Susuki, J. Eguchi, and T. Hikihara, Statistics of short-term wind power fluctuations in Japan via measurements and a dynamic wind turbine model
  • Y. Susuki and I. Mezic, Analysis of quasiperiodically forced dynamical systems with time-averaging techniques
  • Y. Susuki, S. Miyatake, K. Yasuhara, and T. Hikihara, A switching controller for a lithium-ion battery with two different cells

ArXiv.org

  • Y. Susuki, K. Sako, and T. Hikihara, On the spectral equivalence of Koopman operators through delay embedding. [arXiv:1706.01006]

国際会議録(査読有)

  1. Y. Susuki, R. Hamasaki, and A. Ishigame, Estimation of power system inertia using nonlinear Koopman modes (投稿済).
  2. S. Sugaya, Y. Susuki, A. Ishigame, A. Mammoli, and M. Martinez-Ramon, Modeling nonlinear dynamic system in RKHS through the Koopman operator, 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2017), Cancun, Mexico, December 2017 (採択決定).
  3. S. Kimura, Y. Susuki, and A. Ishigame, A reactive BEMS for reliable power supply with SOFC hydrogen coproduction unit, 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics, (GCCE 2017), pp.799-803, Yokohama, Japan, October 24-27, 2017.
  4. Y. Susuki, N. Mizuta, A. Kawashima, Y. Ota, A. Ishigame, S. Inagaki, and T. Suzuki, A continuum approach to assessing the impact of spatio-temporal EV charging to distribution grids, IEEE 20th International Conference on Intelligent Transportation Systems (ITSC 2017), pp.2372-2377, Yokohama, Japan, October 16-19, 2017.
  5. Y. Susuki, T. Saito, H. Hoshino, and T. Hikihara, Synthesis and real-time simulation of reactive controller for hot-water supply in a safety-critical hospital environment, 2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications (CCTA2017), pp.211-216, Kohala Coast, Hawaii, USA, August 27-30, 2017.
  6. N. Mizuta, Y. Susuki, Y. Ota, and A. Ishigame, An ODE-based design of spatial charging/discharging patterns of in-vehicle batteries for provision of ancillary service, 2017 IEEE Conference on Control Technology and Applications (CCTA2017), pp.193-198, Kohala Coast, Hawaii, USA, August 27-30, 2017.
  7. F. Raak, Y. Susuki, I. Mezic, and T. Hikihara, On Koopman and dynamic mode decompositions for application to dynamic data with low spatial dimension, 55th IEEE Conference on Decision and Control (CDC2016), pp.6485-6491, Las Vegas, USA, December 2016.
  8. H. Hoshino, Y. Susuki, and T. Hikihara, Basins of attraction of steady operating conditions in a two-site electricity and heat supply system, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2016), pp.675-678, Yugawara, Japan, November 30, 2016.
  9. F. Raak, Y. Susuki, K. Tsuboki, M. Kato, and T. Hikihara, On smoothing effects of wind power via Koopman mode decomposition, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2016), pp.366-369, Yugawara, Japan, November 29, 2016.
  10. Y. Kono, Y. Susuki, M. Hayashida, and T. Hikihara, Modeling of effective heat diffusion in a building atrium via Koopman mode decomposition, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2016), pp.362-365, Yugawara, Japan, November 29, 2016.

国際会議発表(招待含)

  1. Y. Susuki, Data-driven Koopman spectral analysis in power and energy systems, 8th Workshop on Set Oriented Numerics (SON), Santa Barbara, California, United States, September 2017 (invited keynote speaker). [http]
  2. Y. Susuki, Impact of spatio-temporal EV charging/discharging to distribution grids: Analysis and design, JST-NSF-RCN Workshop on Distributed Energy Management Systems, Tokyo, Japan, June 13-14, 2017.
  3. A. Chakraborrty and Y. Susuki, A data-driven distributed algorithm for nonlinear Koopman mode estimation in power systems, SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (SIAM DS17), Snowbird, Utah, United States, May 21-25, 2017 (invited).
  4. Y. Susuki, K. Sako, F. Raak, and T. Hikihara, Assessment of voltage collapse phenomena in power grids based on continuous spectrum of the Koopman operator, SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (SIAM DS17), Snowbird, Utah, United States, May 21-25, 2017 (invited).
  5. F. Raak, Y. Susuki, I. Mezic, and T. Hikihara, Comparison of dynamic mode decomposition, Koopman mode decomposition, and vector Prony analysis, SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (SIAM DS17), Snowbird, Utah, United States, May 21-25, 2017 (invited).
  6. C. Kojima, Y. Susuki, and A. Chakrabortty, A data-driven construction of energy functions for power grid collective behavior via synchrophasors, SICE International Symposium on Control Systems 2017 (ISCS2017), Okayama, Japan, March 6-9, 2017.
  7. Y. Susuki and I. Mezic, Koopman operator theory for nonlinear dynamical systems: An introduction with engineering applications, 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2016), Yugawara, Japan, November 29, 2016.
  8. F. Raak, Y. Susuki, K. Tsuboki, M. Kato, S. Eguchi, and T. Hikihara, Wind power simulation and analysis incorporating highly-resolved weather prediction and measurement data of Japan, The 15th World Wind Energy Conference and Exhibition (WWEC2016), Tokyo, Japan, November 1, 2016. (Best Poster Award)

国内学会発表

  1. 平松 尚人, 薄 良彦, 石亀 篤司, クープマンモード分解を用いたデータに基づく部屋内温度勾配の推定 (準備中).
  2. 弓木 翔太, 薄 良彦, 水田 直斗, 太田 豊, 石亀 篤司, 非線形ODEモデルによる送配電統合シミュレーションの一検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御技術, 静岡大学, 2017年11月25日 (発表予定).
  3. 水田 直斗, 薄 良彦, 加茂 章太郎, 戸田 英邦, 太田 豊, 石亀 篤司, 車載蓄電池の協調的利用によるアンシラリーサービス提供のシミュレーション実験, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御技術, 静岡大学, 2017年11月25日 (発表予定).
  4. 木村 祥子, 薄 良彦, 石亀 篤司, 車載蓄電池を活用したリアクティブBEMSの性能評価シミュレーション, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御技術, 静岡大学, 2017年11月25日 (発表予定).
  5. 升田 明利, 薄 良彦, 石亀 篤司, 井上 善和, クープマンモード分解による需要電力量データの一解析, 電気関連学会関西連合大会, 電力・エネルギー, 近畿大学, 2017年11月25日 (発表予定).
  6. 浜崎 凌, 薄 良彦, 石亀 篤司, クープマンモード分解による系統慣性定数の代数的推定に関する一検討, 電気関係学会関西連合大会, 電力・エネルギー, 近畿大学, 2017年11月25日 (発表予定).
  7. 水田 直斗, 薄 良彦, 太田 豊, 石亀 篤司, 配電電圧分布のODEモデルによる車載蓄電池群の無効電力補償を考慮した充放電パターンの設計, 電気学会 電力技術・電力系統技術合同研究会, PE-17-171/PSE-17-171, pp.117-122, 北見工業大学, 2017年9月22日.
  8. 太田 豊, 薄 良彦, クープマンモード解析に基づく電力ネットワークのデータ駆動型監視制御システムの構築, 電気学会電力・エネルギー部門大会, 系統計画・運用I 145, pp.(2-5-19)-(2-5-20), 明治大学, 2017年9月7日.
  9. 小島 千昭, 薄 良彦, Aranya Chakrabortty, 大規模電力系統に対するエネルギー関数のデータ駆動型構成とその数値的検証, 電気学会電力・エネルギー部門大会, 系統解析II 128, pp.(2-2-7)-(2-2-8), 明治大学, 2017年9月5日.
  10. 大橋 悠介, 薄 良彦, 石亀 篤司, 舟木 剛, 自励式変換器を用いた交直混在システムの動特性モデリングに関する一検討, 電気学会電力・エネルギー部門大会, ポスターセッション P46, pp.91-92, 明治大学, 2017年9月5日. (YPC奨励賞)
  11. 水田 直斗, 薄 良彦, 太田 豊, 石亀 篤司, 配電電圧分布のODEモデルによる車載蓄電池群の充放電パターンの一設計, 電気学会電力・エネルギー部門大会, ポスターセッション P45, pp.89-90, 明治大学, 2017年9月5日. (YPC奨励賞)
  12. 田口 大作, 薄 良彦, 石亀 篤司, 居住者による暖房機器選択のモデリングに関する一検討, 電気学会電力・エネルギー部門大会, ポスターセッション P28, pp.55-56, 明治大学, 2017年9月5日.
  13. 浜崎 凌, 薄 良彦, Fredrik Raak, 石亀 篤司, クープマンモード分解による系統慣性定数の推定に関する一検討, 電気学会電力・エネルギー部門大会, ポスターセッション P4, pp.31-32, 明治大学, 2017年9月5日. (YPC奨励賞)
  14. 平松 尚人, 薄 良彦, 石亀 篤司, クープマンモード分解による部屋内温度場データの解析, 電子情報通信学会総合大会, 非線形問題, p.306, 2017年3月23日.
  15. 木村 祥子, 薄 良彦, 石亀 篤司, 車載蓄電池を活用したビル内電力マネジメントの形式手法に基づく一設計. 電気学会全国大会, マイクログリッド(I), pp.487-488, 富山大学, 2017年3月17日.
  16. 水田 直斗, 薄 良彦, 太田 豊, 石亀 篤司, 配電電圧勾配の非線形ODEによる一解析解とその数値的検証, 電気学会全国大会, 配電系統(I), p.274, 富山大学, 2017年3月15日.
  17. 木村 祥子, 薄 良彦, 石亀 篤司, 内部改質方式SOFCを用いたビル内エネルギーシステムの信頼性設計に関する一検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御技術, pp.878-881, 滋賀県立体育館, 2016年12月6日.
  18. 星野 光, 薄 良彦, T.J. Koo, 引原 隆士, 2サイト地域エネルギーシステムにおける電気及び熱フローの同時調整, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, エネルギー管理におけるシステム・情報・制御技術, pp.872-877, 滋賀県立体育館, 2016年12月6日.
  19. 佐孝 恭一, 薄 良彦, Fredrik Raak, 引原 隆士, クープマン作用素の連続スペクトルに基づく電圧崩壊現象の時系列データ解析, 電気関係学会関西連合大会, 電力・エネルギー, pp.196-197, 大阪府立大学, 2016年11月23日. (優秀論文発表賞)
  20. 水田 直斗, 薄 良彦, 太田 豊, 石亀 篤司, EVシェアリングデータを組み込んだODEモデルによる配電電圧分布のシミュレーション, 電気関係学会関西連合大会, 電力・エネルギー, pp.187-188, 大阪府立大学, 2016年11月23日.
  21. 小島 千昭, 薄 良彦, 原 辰次, 消散性に基づくネットワーク化非線形デスクリプタシステムに対する安定性解析とその電力系統への応用, 横幹連合コンファレンス, システム・計測制御技術と超スマート社会, E-2-4, 慶應義塾大学, 2016年11月19日.
  22. 星野 光, 薄 良彦, T.J. Koo, 引原 隆士, 2サイト電熱供給システムにおけるエネルギーフローの追従制御に関する一検討, 自動制御連合講演会, 複雑系ダイナミクスと制御(2), pp.1088-1093, 北九州国際会議場, 2016年11月12日. (優秀発表賞)
  23. 小島 千昭, 薄 良彦, 原 辰次, 消散性に基づくネットワーク化非線形デスクリプタシステムに対する安定性解析とその電力系統への応用, 自動制御連合講演会, システム制御からの超スマートシティ構築へのアプローチ, pp.377-382, 北九州国際会議場, 2016年11月10日.
  24. 齋藤 司, 薄 良彦, 引原 隆士, 住宅内電力システムに対する出力平準化制御のリアクティブ設計, 組込みシステムシンポジウム, pp.100-101, 早稲田大学, 2016年10月21日. (優秀ポスター賞)
  25. F. Raak, Y. Susuki, S. Eguchi, and T. Hikihara, Statistical test of dynamic model of a wind turbine incorporated with measurement data in Japan, システム制御情報学会 研究発表講演会, システム同定・推定 311-2, 京都テルサ, 2016年5月27日.
  26. 佐孝 恭一, 薄 良彦, 引原 隆士, クープマン作用素に基づく電力系統の電圧不安定化現象に関する一検討, システム制御情報学会 研究発表講演会, 車・家庭・地域調和型EMS構築に向けたシステム技術とデータ利用(2) 156-3, 京都テルサ, 2016年5月25日.
  27. 白 成哲, 薄 良彦, 太田 豊, 引原 隆士, 電力需給データを組み込んだODEモデルによる配電電圧分布の解析, システム制御情報学会 研究発表講演会, 車・家庭・地域調和型EMS構築に向けたシステム技術とデータ利用(2) 156-2, 京都テルサ, 2016年5月25日.
  28. 太田 豊, 薄 良彦, 再生可能エネルギー大量導入時の電力系統のアンシラリーサービスの信号生成, システム制御情報学会 研究発表講演会, 車・家庭・地域調和型EMS構築に向けたシステム技術とデータ利用(2) 156-1, 京都テルサ, 2016年5月25日.
  29. H. Hoshino, Y. Susuki, T.J. Koo, and T. Hikihara, A controller design of a two-site electricity and heat supply system, システム制御情報学会 研究発表講演会, 非線形系・むだ時間系 141-4, 京都テルサ, 2016年5月25日. (学生発表賞)

技術研究報告・講究録

  1. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形時系列データの解析と電力・エネルギーシステムへの応用, 京大数理解析研究所講究録 (投稿済).
  2. 齋藤 司, 薄 良彦, 星野 光, 引原 隆士, 温水供給システムの実測データに基づくモデリングと制御に関する検討, 信学技報, vol.116, no.425, MSS2016-63, pp.35-40, 2017年1月.
  3. 薄 良彦, 白 成哲, 太田 豊, 引原 隆士, 非線形ODEを用いた配電電圧分布の計算機シミュレーション, 信学技報, vol.116, no.215, NLP2016-47, pp.15-20, 2016年9月.

解説記事

  1. 薄 良彦, クープマン作用素による大規模非線形ダイナミカルシステムの解析, 計測と制御, vol.56, no.12, December 2017 (掲載予定).
  2. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形ダイナミクスの解析, システム/制御/情報, vol.61, no.5, pp.175-181, May 2017. [J-STAGE]
  3. 薄 良彦, エネルギーシステムと非線形現象, 理大 科学フォーラム, vol.33, no.4, pp.10-12, April 2016.

講演

  1. 薄 良彦, データ中心型エネルギーマネージメントに関する研究開発, 関西電気保安協会 第36回技術開発・研究発表会, 中之島ダイビル, November 16, 2017.
  2. 薄 良彦, データを中心としたエネルギーシステムの研究開発, 関西スマートエネルギーイニシアチブ 第1回AI分科会, 近畿経済産業局一号館, October 12, 2017.
  3. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形ダイナミカルシステムの解析と工学応用, ISCIEオンラインレクチャー, October 2017. [YouTube: upon request]
  4. 薄 良彦, クープマン作用素の連続スペクトルによる電力システムダイナミクスの解析,研究集会 “Perspectives of Random and Non-Autonomous Dynamical Systems,” 京都大学数学教室, September 28, 2017.
  5. 薄 良彦, 電力技術のグローバル化への取り組み: 大学での国際共同研究の観点から, 電気学会 電力・エネルギー部門大会, パネルディスカッション「電力技術のグローバル化への取り組み」, 明治大学中野キャンパス, September 6, 2017.
  6. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形力学系の解析と工学応用, 大阪大学数理・データ科学セミナー・数理モデルセミナーシリーズ第13回, 大阪大学豊中キャンパス, August 9, 2017. [LINK]
  7. 薄 良彦, 分散車載蓄電池群の電力システムへの影響評価とアンシラリーサービスへの展開, 電気学会 産業応用フォーラム「自動車・家庭・業務系から見たスマートグリッドへの期待と課題〜スマート社会の産業分野が実現すべき新たな価値とは?〜」, 名古屋大学東山キャンパス, February 9, 2017. [LINK]
  8. 薄 良彦, データを駆使した電力・エネルギーマネジメント, 大阪府立大学産官学共同研究会 第104回テクノラボツアー「電気情報システム工学分野の紹介」, 大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, January 20, 2017. [LINK]
  9. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形力学系の解析と電力・エネルギーシステムへの応用, SICE 非線形制御理論調査研究会 第2回研究会, 大阪大学吹田キャンパス, November 18, 2016. [LINK]
  10. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形時系列データの解析と電力・エネルギーシステムへの応用, 京大数理解析研究所・共同研究「統計的モデリングと予測理論のための統合的数理研究」, 京都大学数理解析研究所, August 9, 2016. [LINK]
  11. 薄 良彦, クープマン作用素による非線形ダイナミクスの解析と電力・エネルギーシステムへの応用, 慶大・足立研セミナー, May 30, 2016. [LINK]

国際会議運営及び企画

  1. Organizer of Special Session, “Theory and learning applications of Koopman operator formalism,” 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2017) (with Igor Mezic) (accepted).
  2. Organizer of Minisymposium, “Advanced data-driven techniques and numerical methods in Koopman operator theory,” SIAM Conference on Applications of Dynamical Systems (SIAM DS17) (with Alexandre Mauroy).
  3. Organizer of Invited Session, “Koopman operator techniques for decision and control,” 55th IEEE Conference on Decision and Control (CDC2016) (with Alexandre Mauroy and Igor Mezic).
  4. Organizer of Special Session, “Koopman operator techniques for nonlinear dynamical systems,” 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2016) (with Igor Mezic).